病院の常識を考える

病院のキホンを覚える

病院での患者の呼び方について

病院で患者を呼ぶ時の敬称については議論されているところです。さんと呼ぶべきか様と呼ぶべきかということです。サービス業なのだから呼び捨てにするのはおかしいということだったのかも知れませんが、さんと呼ばれた方が患者側としては対等なイメージがあって良いようです。医療従事者の側からしても抵抗がないようです。一方、様と呼ばれるのはいかにも商売の感じがして良くないというのが大勢の意見のようです。患者中心の医療やサービス向上はとても良いことだと思うので、患者と医療従事者の良好な関係を築けるよう病院も努力しているのです。

病院で患者を呼ぶ時の敬称は

その病院によって考え方はさまざまですので、患者さんをどのような敬称で呼ぶかについても異なってきます。一般的には、苗字かフルネームに「さん」もしくは「様」をつけて呼んでいるところが多いです。「さん」付けは柔らかくアットホームな雰囲気が感じられ、「様」は真面目で信頼感のある雰囲気を出すことができます。お子さんの場合はフルネームに「ちゃん」「くん」としても良いかもしれません。また、個人情報保護の観点から氏名で呼ぶことを廃止して、受付番号を使用するというケースも増えてきております。いずれにしても、その病院の理念や規模、診療科目によって決定するのが良いでしょう。小さなことかもしれませんが、実際にトラブルになったケースもありますので気をつけたいところです。

新着情報

↑PAGE TOP